怪しい浮気の兆候!すぐ探偵に浮気調査すべき?

結婚した夫婦にとってどちらかが浮気をしていることは、夫婦関係の破綻につながる重大な問題と言えるでしょう。疑いがあるがパートナーを信じたいという矛盾した気持ちから、探偵に浮気調査をするか悩む人も少なくありません。

浮気には必ず兆候があるため、もし当てはまる場合が多いのであれば、探偵事務所に相談すると良いでしょう。

浮気の兆候

「兆候くらいで探偵に相談?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、早めに対処することで、その先の行動を取りやすくすることができます。

反対に、浮気への対応が遅れるほどに、身動きが取りにくくなることもあるのです。
ですから、浮気の兆候は要チェックです。

 

スマートフォンやパソコンに見られる浮気の兆候

浮気相手との連絡に用いるスマートフォンですが、自宅でも肌身離さず持っている場合や怪しいです。
何かものを取るためにその場から離れるとき、またお風呂に入る際に脱衣所まで持って入浴時でも離さない場合は浮気を疑ってください。
見たことのないストラップやシールが貼ってある場合はわかりやすいですが、しばらく様子を見ると良いでしょう。
パソコンにも証拠が残りやすいですが、自宅のパソコンで見られることを避けるためにロックをかけている場合は怪しいです。
チェックが難しい場合、さり気なく通販サイトで何を買ったかを質問すると良いでしょう。

 

仕事に関する浮気の兆候

男性側に多く見られる兆候ですが、残業や休日出勤の回数がいきなり増えた場合は浮気を疑ってください。
忙しい業界や企業で働くのであれば残業などは珍しくありませんが、給料に変化がなければ怪しいと言えます。
極端に出張の回数が増えるのも兆候と言え、どこにどのくらいの期間行くのかを質問したときの相手の反応をチェックしましょう。
仕事上の付き合いで飲みに行くことは社会人であれば珍しくありませんが、帰宅する時間がいつも遅くなる場合も疑うべきです。

 

日常生活で確認できる兆候

夫婦であれば結婚後でも夜の生活を営むものですが、コンドームの減りが早い場合は強い兆候と言えます。
家族に対する急な態度の変化もポイントで、冷たくなることが多いですがいきなり家族サービスをするなども怪しいです。
車の中に性的なアイテムが置かれている、助手席の位置がズレていることが多いなども兆候と考えられます。
パートナーの方から理由もなく離婚か別居の申し入れをする場合、相手の浮気が強く疑われます。
夫婦2人で過ごす時間を極端に避ける傾向にある場合も、相手は密かに良からぬことをしているかもしれません。

探偵の浮気調査は病気と同じで、依頼するタイミングは早い方が有力な証拠を押さえやすいのです。上記にまとめた兆候は絶対的なものではありませんが、相手が複数に該当する場合は探偵事務所への相談を検討してください。