探偵への浮気調査の依頼から解決するまでの流れについて

もし結婚している夫婦で相手が「浮気をしているかもしれない」と感じた場合、浮気調査を得意とする探偵事務所を頼ってください。自分であれこれ動き回って立場を悪くするよりも、最初から相談するのがおすすめです。

いきなり調査依頼をすすめているわけではなくて、まずは、浮気についての相談をして解決までの流れをつかむことが先決です。プロの調査員により構成されたチームにより証拠を集め、依頼者に有利となるように話を進めてもらえます。

大きな流れをつかんで、第三者の探偵の話を聞いて必要と思えば調査依頼に進めばいいですし、必要ないと思えば、それほどに深刻ではないとういことです。
浮気調査の依頼から解決するまでの流れは基本的にどの事務所でも同じですが、サービスの良いところでは弁護士の紹介などアフターフォローも行っています。

まずは、探偵事務所に相談する

浮気調査はいきなり行われることはなく、依頼者が探偵事務所に相談して初めて一歩前進となります。相手の浮気を疑うことになるため勇気が必要ですが、最近ではオンライン上のチャットやメールから相談できます。

悩んでいることをできるだけ具体的に伝え、調査して欲しい旨を伝えると良いでしょう。後日依頼者が事務所に訪れ、より詳しいやり取りをするために面談が行われます。見積もりを依頼するれば、料金体系や調査期間の目安が提示されるはずです。

 

優良な探偵は無理に契約をすすめません

探偵事務所に出向いたり、見積もりをしたら、無理に調査依頼をさせられるのではないかと不安に思う人がいるようですが、優良な探偵は無理強いはしません。

探偵に限らずですが、今どきどんなサービスも比較して当たり前です。探偵もサービス業ですから見積もりは出してもらって当然です。見積もりをもらっても、即答しないで「ゆっくり考えたい」と伝えれば大丈夫です。むしろ、この時に無理矢理契約を進めようとする探偵は注意しましょう。

 

必要を感じたら浮気調査を依頼する

浮気調査の必要性を感じたら、面談で契約に関わる詳細な説明を聞いて、その上で納得できたら契約が成立します。

その後で、指定の日付でプロの探偵による浮気調査が始まります。

調査は一人の探偵だけで行うのではありません。効率性と確実性を上げるために、複数人によるチームで行うことが基本です。

ターゲットの行動を監視するため尾行や張り込みを行い、決定的な瞬間は写真や動画撮影をして記録として残します。動かぬ証拠を記録として残しておけば、相手の言い逃れを許さず裁判や慰謝料請求時にも役に立つでしょう。

 

調査結果を報告してその後どうすべきかを決める

依頼が解決するかどうかですが、依頼者の目的によって結末が異なります。探偵は集めた証拠を依頼者に提示しますが、その後を決めるのは探偵ではありません。

たとえば依頼者が相手と離婚して慰謝料を請求する場合、裁判となることがあります。裁判は準備が大変ですが、優良な探偵事務所は弁護士事務所と連携してサポートしてくれるのです。
反対に相手と復縁することを望む依頼者も存在するため、探偵や事務員が第三者の立場となって話し合いの機会を設けることがあります。浮気した者にすべての非がありますが、依頼者にとって良い方向へ進むためにアドバイスを行います。

上記にまとめた通り浮気調査には流れがありますが、アフターフォローまで行っているサービスの良い探偵事務所に依頼すると良いでしょう。どのような結果であっても、依頼者が納得できる形で解決することがベストと言えます。